--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.11.07 (Fri)

夜桜四重奏 第6話感想 

夜桜四重奏 『ツムグウタ』

今回はことはが主役のお話でした。

言霊って便利そうに見えていろいろあるのね~。『ばんそうこう』一言じゃすまんとは。


以下感想。ネタバレ注意!!

【More…】



















































組み手のシーンでヒメが槍をカバンに引っ掛けた時にはもうドイツ行きのチケットがぐしゃぐしゃになるのは予想ついてましたが…。チケットが串刺しになる瞬間、ことはと一緒に面玉ひんむいてしまいました…。私も好きなのよードイツ!!(明らかにアニメの影響ですが)
あーわかるよ、凄いわかるよ!!アハト出しちゃう気持ちもわかるよ!!見境なくなる気持ちもわかるよ!!(おい)
その位楽しみにしていたことを不意にされるのはムカっと来るのだよ(-ω-)



今回ことはに突っかかってきたあの白い子…(名前忘れました本当にすいませんorz)初登場の頃からことはに突っかかってましたね。自分と同じ半妖だから気になるって事なんだろうけど。
円神が秋名とヒメの相手なら、白い子はことはの相手って感じですかね(´ω`)


それにしてもギンの魂はかなり強く円神に影響を及ぼしてるみたいですね。円神は『黙らせる』と言ってたけど…。



これは愚痴ですが、なんか前回辺りから時々ヒメがムショーにムカつきます。
ことはの過去で堕ちそうになったことはを元に戻すとか、いいなって思うシーンもあるんですが…。なんでだろう。
スポンサーサイト

テーマ : 見たアニメの感想 - ジャンル : アニメ・コミック

 |  19:19 |  2008年放送作品  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

プロフィール

FC2カウンター

最近のコメント

メールフォーム

ブログ内検索

カレンダー

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

TBありがとうございます

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。