--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.12.31 (Wed)

魍魎の匣 第13話感想(最終回) 

魍魎の匣 「魍魎の匣、あるいは人の事」(最終回)

凄いオチだ…。

ていうか放送シーズン中こんなに見返したアニメ久し振り(´ω`;)


以下感想。ネタバレ注意!!



【More…】



















































今考えると話全ての事にきちんと理由があって、凄い。大体の話はいくらか矛盾点があるものなんだけど、この話には…私が覚えてる限り、矛盾点がない様に思う。なんかもう流石、としか言いようがない…(゚A゚;)
原作未読なのであれなのですが、あれだけ分厚い本を約6時間半でここまで昇華させた魍魎の匣スタッフも流石としか言いようがない(^^;)


え~…。それにしても…。

木場さん…_| ̄|○

なんかもー一番空回ってましたね木場の旦那(^^;)!!
やることなすこと全部裏目に出てた気がする。事件を始めちゃったのも木場さんだしね~…。まぁでもあの脅迫状は勘違いしちゃっても仕方ないかもしれんけどね。
すべて、かつて憧れた女優、絹子さん=陽子が関わっていて、その彼女を救いたいがためにしていた行動だったんだけどねぇ~…。なんていうか、本当、報われない…。


今更であれなんですが、関口さんはあれ、うつ病であれだけ取り乱してるんですよ…ね?
いつも狂う一歩手前で必死にとどまってるから、彼岸へ行ってしまった人の事を一番近しく感じてしまうのかなぁ…。今回は久保、雨宮が彼にとって一番近しい人だったのかな。


で、そんな久保と雨宮なんですが…。久保は…かわいそうだったなぁ…。雨宮に匣を見せられたばっかりに…(´・ω・`)
雨宮さんは…。もう加菜子ちゃんが事故にあって、助からないって思った時点で、すでにあっち側に行き始めてたんだろうなって思います…。それでも…加菜子ちゃんといれて幸せなのかな…。あぁぁもうラストで「黒い干物みたいだった」なんて…・゚・(つД`)・゚・!!

でも一番かわいそうなのは加菜子ちゃんですよね…。頼子ちゃんに線路へ突き落され、瀕死の重傷を負い…。いっそ最初の病院で亡くなってたら…(´・ω・`)
周りの人間のエゴであんな匣に入れられて、生かされて、手足はバラバラにされ、頭だけで生かされて…。それも結局助からずに最後は黒い干物…_| ̄|○
どんだけ悲運なの・゚・(つД`)・゚・



思い返してみると皆かわいそうな状況にあって、それを必死になんとかしようとしてるんだけど、それがうまくいかなくて…って結末になってる気がする。結局これで幸せを手に入れたのが、あっち側へ行ってしまった雨宮だけって…。結局誰も救われないんだもんな…。



トリックを考えたり、話のつじつまを考えたりと、久しぶりにかなり夢中で見たアニメでした!!作画も毎回綺麗だったし。唯一…えと、頼子ちゃんのお母さんが若干乱れてたかな?って思うけど、それ以外は皆良かったと思います。

これで他の京極夏彦作品を…読めるかなぁ…(^^;)
でも読んでみたい気もします。時間があれば是非…。

「魍魎の匣」スタッフの皆様、お疲れ様でした!!
ありがとうございました!!



スポンサーサイト

テーマ : 魍魎の匣 - ジャンル : アニメ・コミック

 |  18:14 |  2008年放送作品  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

プロフィール

FC2カウンター

最近のコメント

メールフォーム

ブログ内検索

カレンダー

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

TBありがとうございます

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。