--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2010.06.22 (Tue)

閃光のナイトレイド 第12話感想 

閃光のナイトレイド 『夜襲』



以下感想。ネタバレ注意!!



【More…】









































やっぱり桜井機関は高千穂の為の隊だった訳ですね。
桜井さんが高千穂と組んでるとはっきりわかった先週から、なんとなくわかる事ですが。高千穂が三好くんや伊波さんをスカウトするのも、最初から雪菜ちゃんや棗という近親者が居たのも、ただ引き込みやすいからって事だったのかな。
本当に能力者って事だけで、伊波さんの人生めちゃくちゃになってる気がするわ…。今更だけど(・ω・;)



さて。高千穂は新型爆弾(やっぱり核爆弾か)を先進国に先駆けて日本が作り、抑止力になろうと考えていた訳ですね。しかも爆弾って完成していた訳じゃなかったのか…。ただ単に高千穂の能力で見せただけだったのね…。
そのためのパフォーマンスとして上海に爆発を起こそうとしている、というのが今現在の展開ですよね、うん(自己整理)


しかし物語の展開上違和感はないですが、三好くん達旧桜井機関の子達が最終回直前までふらふらって…。それぞれの目的もいまいち不鮮明なままだし…。預言者に会うとか高千穂を止めるとかはわかるけど、そこに至るまでの物語の展開がいまいちな気がする…。まとめて一気に見ればまた違うのかなぁ…。



で、この状態で予告に『物語は大団円を迎える』って言われても説得力ないです…(^_^;)
後一話でどう大団円にするんだろうか…。大どんでん返しでもあるのかな。

それに第二次世界大戦の前だもんねこれ…それを考えるとね…。


スポンサーサイト

テーマ : 閃光のナイトレイド - ジャンル : アニメ・コミック

 |  18:16 |  2010年放送作品  | TB(0)  | Top↑

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

プロフィール

FC2カウンター

最近のコメント

メールフォーム

ブログ内検索

カレンダー

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

TBありがとうございます

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。