--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2010.08.10 (Tue)

世紀末オカルト学院 第6話感想 

世紀末オカルト学院 『文明の道程』

文明の過去が明らかに。

うーん…。しかしあんな暗い過去を持っているのに、何故あんなに軽いというか、おちゃらけた性格なんだろう…。
いや、まぁ暗いからこそ明るくってのもあるけどね…文明の場合そういう感じでもないからねぇ…。


以下感想。ネタバレ注意!!



【More…】











































まーとりあえずこずえちゃんが無事で良かったですよ(^_^;)
まぁまさか伝統のメガネメガネでオチが着くとは思いも寄りませんでしたけどね…(遠い目)
本気でこずえちゃんは天然過ぎる。

一方こずえちゃんを元に戻そうと画策するマヤ達も面白かったですけどね(笑)
亜美ちゃんのモスラ姿に『これは試す価値無いわね』と一蹴するマヤwwヒドスwww



後半は文明の過去かな。
言ってた事に偽りがない事を完全に信じ切っていなかったのは本当だし。あの臨死体験による走馬灯でみるって事は…嘘偽りがないって事でしょう。
しかし優しかったお母さんがあぁ変わっていって…。
あの後お母さんとはどうしたんでしょうね…。その後の走馬灯はノストラダムスの予言の日になっちゃってたし。


文明の過去を見て新たにコンビを組み直すマヤ。
個人的には未だに頼りにならないところがあるし、完全に信じ切るのも…あれだと思うけどね(^_^;)


スポンサーサイト

テーマ : 世紀末オカルト学院 - ジャンル : アニメ・コミック

 |  12:53 |  2010年放送作品  | TB(0)  | Top↑

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

プロフィール

FC2カウンター

最近のコメント

メールフォーム

ブログ内検索

カレンダー

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

TBありがとうございます

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。