--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2010.08.18 (Wed)

ぬらりひょんの孫 第7話感想 

ぬらりひょんの孫 『新月の夜に闇が動いた』

あら?ゆらが思ったよりピンチにならなかったな…。


以下感想。ネタバレ注意!!女性向け(腐女子)視点なので、嫌いな方はなお注意!!!




【More…】











































てゆうか鴆の出番が増えてて吹いたwwwww


なんだあれ…夫(リクオ)の帰りを信じて待つ妻か(笑)

鴆のリクオらぶっぷりが原作よりパワーアップしてるとしか思えない…。
うーんでもアニメの放送話数から考えると、第2期とかがなければ四国妖怪編だけで終わりそうな気がするんだよね…。そうなると鴆が活躍する場面なくなるからな~…(苦笑)
ただでさえ病弱設定で出番無いし(追い討ち)
まぁアニメスタッフの計らいだと思おう…。アニメぬら孫は大筋は原作通りでも、所々変えてるからな…。


牛頭丸と馬頭丸はなんかあっさりやられちゃいましたね(笑)
もうちょっと粘ってたイメージあったんだけどなぁ(^_^;)



さて。これでアニメ第1話にあったシーンにやっと追い付きました。来週は牛鬼の過去話だし、決着が着くのは再来週かな。



スポンサーサイト

テーマ : ぬらりひょんの孫 - ジャンル : アニメ・コミック

 |  18:12 |  2010年放送作品  | TB(0)  | Top↑

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

プロフィール

FC2カウンター

最近のコメント

メールフォーム

ブログ内検索

カレンダー

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

TBありがとうございます

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。