--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2010.10.13 (Wed)

ぬらりひょんの孫 第14話感想 

ぬらりひょんの孫 『劫火と驟雨』

なんかカッパが原作とキャラ違う…。


原作はこう…もっと明るかったと思ったけどなぁ…。


以下感想。ネタバレ注意!!



【More…】















































今回の四国妖怪編はあれですね、七人同行とリクオにつく奴良組って感じで、一人一人にスポットをあてるのかな?
今回はカッパと岸涯小僧のシリアスな戦闘っぷりで…。岸涯小僧も原作はもっとお間抜けキャラだった気がするけどなぁ…。まぁ今回のも十分お間抜けですが…(^_^;)


しかしだんだんと奴良組の中でリクオの孤立が高まっている気がしてきました。
頑張りすぎて空回りしていくんだよね。まだ始まったばかりだから、そんなに目立ってないけど。
木魚達磨や狒々はリクオ側に着いてるけどね…。まぁ…原作もそうですから、鴆がなんかしてくれると思います(苦笑)


スポンサーサイト
 |  18:33 |  2010年放送作品  | TB(0)  | Top↑

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

プロフィール

FC2カウンター

最近のコメント

メールフォーム

ブログ内検索

カレンダー

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

TBありがとうございます

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。