--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2010.12.08 (Wed)

ぬらりひょんの孫 第22話感想 

ぬらりひょんの孫 『闇と氷』

ぜ、鴆…!!

出入りに連れてってもらえたんだね!!良かったねぇ~°・(ノД`)・°・

いや原作では四国妖怪編は華麗にスルーされてたし、京都編ではリクオに『なんで来たんだ』と殴られる始末でしたから…(病弱だからですが)

どうでもいいですが、狒々が四国妖怪を睨みつけた時、演出とはいえ『キラーン』とか目が光ったのに吹いてしまいました…。ギャグじゃなくシリアスであれをやるなんて…!!


以下感想。ネタバレ注意!!女性向け(腐女子)視点なので、嫌いな方はなお注意!!



【More…】














































…うん。まぁリクオの隣が雪女と鴆って辺りを見て、『若の嫁が揃っとる…』と思ってニヤニヤしたのは否定しません(おい!!!)
てゆうか鴆!!怪我人は任しとけってそれ後方支援的な役目のになんでリクオの隣にいるの本当に(笑)!!
嫁だよ嫁決定だよ…(もう黙れ)


あ、鴆だけじゃなく今回は雪女のターンでした。

つららたんかわゆす(´Д`*)

アニメオリジナルの過去話が入って可愛さ倍増でした。原作でもこのシーンは良かったですv
夜雀倒した後『若~!!』ってはしゃぐ所とか可愛さマックスだったなぁvv
夜雀のターンはあっという間でした…。原作通りなら、彼女には別の見せ場があるから、そっちを待ちましょう…。


玉章も本来の姿で出張ってましたが、なんかリクオに押されっぱなしだった印象が。今まであんなに強く出てた癖に…。
ま、次回は『魔王の小槌』なので、玉章のターンになると思いますけどね。


スポンサーサイト
 |  19:15 |  2010年放送作品  | TB(0)  | Top↑

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

プロフィール

FC2カウンター

最近のコメント

メールフォーム

ブログ内検索

カレンダー

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

TBありがとうございます

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。