--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2010.12.21 (Tue)

おとめ妖怪 ざくろ 第12話感想 

おとめ妖怪 ざくろ 『きき、焦々と』

主人公の西王母桃がほぼ30分寝たままやった…(・ω・;)

うん、まぁヒロインっぽいですよね(おい)

しかし花楯中尉…いや、沢鷹さんよ…。

以下感想。ネタバレ注意!!



【More…】





















































その突羽根さんへの思いは明らかに逆恨みでないかい…?

いや突羽根の思いを知らないからだけどねー。前回の回想でも突羽根はずっと沢鷹を想っていたし、もう一度会いたいと思っていたし。
てゆうかその考え方や執着は明らかにお父上のせいでしょう。まぁあのお父上がそんな教育するはずありませんが。
総角が沢鷹に次回告げる突羽根の真実を聞いて、泣いて改心が沢鷹さんのストーリーかな。
西王母桃も夢の中で沢鷹が泣いていた事に気付いたし、西王母桃からもなにかあるでしょ。

それにしても突羽根…多分美しい姿のままに見えるのは一部の人だけで、実際は…。総角が突羽根の部屋に入った時気持ち悪そうにしてたしなぁ…。子供を想って…なのかなぁ…?



で、里の方は女郎蜘蛛が大暴れ中。橙橙もすっかり心酔しちゃって…来週…大丈夫かいあの子。なんかもう…フラグ立ってましたよね、今回(-ω-;)
百緑は良い子なので、あの妹の事であまり悲しい思いしてほしくないな…(おい)



スポンサーサイト
 |  19:01 |  2010年放送作品  | TB(1)  | Top↑

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


おとめ妖怪ざくろ 2 【完全生産限定版】 [DVD]クチコミを見る 自分の出生の秘密そして半妖の生まれる所以を知ったところで、西王母桃は再び捕らわれ気を失ってしまう。 一方、妖人省 ...
2010/12/22(水) 18:08:05 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
 | HOME | 

プロフィール

FC2カウンター

最近のコメント

メールフォーム

ブログ内検索

カレンダー

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

TBありがとうございます

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。