--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.01.16 (Sun)

企画 「今期終了アニメ(12月終了作品)の評価をしてみないかい?11」 

今回も12月終了アニメをピッコロ様の企画に参加させて頂きつつ、まとめていきたいと思います。
ピッコロ様、いつもありがとうございます。


今回の感想は以下の通り。

・屍鬼
・伝説の勇者の伝説
・そらのおとしもの f <<フォルテ>>
・パンティ&ストッキングwithガーターベルト
・薄桜鬼 碧血録
・心霊探偵 八雲
・百花繚乱 サムライガールズ
・荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジ
・ヨスガノソラ
・おとめ妖怪 ざくろ
・侵略!イカ娘
・もっと To LOVEる
・神のみぞ知るセカイ
・咎狗の血
・それでも町は廻っている
・FORTUNE ARTERIALーフォーチュン アテリアルー 赤い約束
・海月姫 ~くらげひめ~
・刀語
・ぬらりひょんの孫

うは…結構見てたな自分www(おい)

以下評価項目等のテンプレ。
<評価項目について>

今回、作品を評価するにあたって評価項目を6つ設けることにしました。具体的には以下の通りです。
ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。
キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。
画・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。
演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等。
音楽・・・OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等。
総合的な評価・・・この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等。

<評価項目は各5点満点>
それぞれの評価項目は各5点満点となっております。6項目ありますから、それらを全て加算した総合点は30点満点となります。
一応評価の指標として、5点:とても良い 4:良い 3:普通(及第点)
2:惜しい。何かが足りないレベル 1:悪い 0:かなり悪い



それでは以下どうぞ(長いです)



【More…】




・屍鬼
ストーリー 5
キャラクター性 4
画 4
演出 5
音楽 5
総合的な評価 5
合計 28点

ノイタミナ作品として珍しく2クール使い、じっくり描いてくれた作品でした。原作小野先生、作画藤崎先生なだけに期待通り、それ以上の出来だったと思います。
投げかけてくるものは難しく、言葉に直そうと思ってもなかなか難しい物ではありますが…。いやまぁうん自分がアホなだけともいうけどね(おい)
音楽や演出も凝っていたし。音楽は特に耳に残る感じが多かったです。キャラ性も藤崎先生デザインなだけに特徴的なキャラが多かったですね~。ただ若干奇抜すぎるのもいたので、自分はそこだけついていけず…。
12月終了のアニメの中ではイチオシ作品ですね。ただしホラー・グロ耐性のある人のみ、ですけど…。こういうの弱い人はとことん弱いですからね…(^^;)




・伝説の勇者の伝説
ストーリー 2
キャラクター性 3
画 4
演出 3
音楽 3
総合的な評価 3
合計 18点

こちらは屍鬼と違い、2クールでは足らなさ過ぎた感じ。世界観はとても好きな部類なのですが、いかんせん話や設定が複雑すぎてアニメでは消化出来なかったように思います。途中あまりにも設定がわからなくて真面目に見られない回とかあったし…。ウィキとかを読んで始めて何となく納得できる程度でした。
しかしちょろりと他ブログ様で見かけたのですが、あの演出、原作小説の通りなのだそうですね。…いや…それはそれで信じられないわ…(おい)
それでもキャラデザは美しく、頑張って見せていたかなぁとは思います。




・そらのおとしもの f <<フォルテ>>
ストーリー 4
キャラクター性 5
画 5
演出 4
音楽 4
総合的な評価 4
合計 26点

1期に続き相変わらず下ネタ馬鹿全開でしたね(笑)
でも第2世代カオスが出てきた辺りは真面目モードでメリハリついてました。
原作もまだ続いていますがアニメなりに一応簡単な決着はつけた感じ。空のマスターとか結局シナプスって何とか、智樹とダイダロスの関連とか関係はどうなったのとか、まだまだ回収できてない伏線はありますが、そこらへんはおそらく原作でも手をつけていないのでしょう…。まぁ仕方ないかな…。というか仕方ないと思えてしまうほどの下ネタ方面の力が…(おい)
個人的にパンツロボの中の人にまさかの石田さんが笑撃的過ぎて…。石田さん…あんたってお方は…。仕事選んでもいいのよ…○| ̄|_(おい)
劇場版も作るようですが、一体どうなる事やら(^^;)




・パンティ&ストッキングwithガーターベルト
ストーリー 3
キャラクター性 5
画 3
演出 4
音楽 4
総合的な評価 4
合計 23点

ダークフォース的な作品だったかな。アメコミ風の作画とパンスト姉妹変身シーンの落差が。そしてそらおとに負けない位(こっちはもっと直接的でしたが)の下ネタ連発…。パンスト姉妹天使なのに(^^;)
いやでも大変楽しめました(笑) 出てくるゴースト達も意外性のある奴らばっかりだったし。
つーか第2期あるの?マジで?第2期あるなら期待しちゃうよ!!細切れになったパンティと「実は悪魔なの」発言で去って行ったストッキングが気になり過ぎる!!




・薄桜鬼 碧血録
ストーリー 3
キャラクター性 3
画 5
演出 3
音楽 2
総合的な評価 3
合計 19点

変則2クールの後編でしたね。完結編とも言う。1期に続き、原作が乙女ゲーなので対して期待していなかったのですが、話は真面目だったし良かったです。
ただキャラがやはり乙女ゲーだけあって男ばっかり…。新撰組が題材ですからそれも仕方ないですけど、どれもこれも美形ばっかりってのはちょっと…(^^;)
中嶋さんのキャラデザは相変わらず美しいのですが、いかんせんキャラが多くなると…結構皆似た顔になってる気がしないでもないのですよね…。
気合いは入ってたと思いますが、個人的には普通の評価しか出来ない感じかな…。決して悪い作品ではないのですがね。




・心霊探偵 八雲
ストーリー 4
キャラクター性 4
画 4
演出 3
音楽 4
総合的な評価 4
合計 23点

名前だけはよく知っていたのですが、話を拝見するのは今回が初めてです。無理矢理除霊とかじゃなく、話し合って納得させるというのは良かったですね。最後は八雲の生い立ちや両親の事がテーマになって、それが結構綺麗にまとまっていたと思います。




・百花繚乱 サムライガールズ
ストーリー 4
キャラクター性 4
画 4
演出 4
音楽 4
総合的な評価 4
合計 24点

ダークフォースその2(笑)
クイーンズブレイドからどうもぇろ系だけどストーリーが結構ちゃんとしてるってタイプの話が増えてきたように思います…。この百花繚乱もそう。
明らかにぇろなんだけど、ストーリーを見てると結構真面目に作ってるんですよね。キャラ達もちゃんと立ってるし。必殺技シーンとかも良かったです(*^^*)




・荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジ
ストーリー 3
キャラクター性 4
画 4
演出 4
音楽 4
総合的な評価 4
合計 24点

こちらも変則2クールの後編でした。金星行きの話と準備だけで終わり、結局金星に行くとか無かったのが個人的には不満。なのでストーリーは若干落として3に。もしこれで第3期あるなら別ですけどね…。
その他に関しては言う事なし。安定してました。中村先生は流石としか言いようがありません。後制作シャフトって事に関しても流石としか言いようがありませんな(^^)




・ヨスガノソラ
ストーリー 3
キャラクター性 4
画 4
演出 3
音楽 3
総合的な評価 1
合計 18点

これって原作は1 8禁ゲーム…ですよね?
もろに・・・なシーンが出たのにはびっくりの一言…。マルチルートで登場する女の子の大半を落とすのにもびっくり…(@_@;)
でもまともなのは一番最初に出ていた一葉ちゃんと瑛ちゃんエンド位で…。正直奈緒ちゃんエンドと穹エンドは微妙だったかな…。画は綺麗だったと思いますけどね。
申し訳ありませんがそう易々とお勧めできません。間違いなく○| ̄|_




・おとめ妖怪 ざくろ
ストーリー 3
キャラクター性 4
画 5
演出 4
音楽 3
総合的な評価 4
合計 23点

画は断トツで綺麗だったと思います。話の方は原作の話数が足りていない中、アニメはアニメでキチンとまとめた辺りは良かったと思いますが、ストーリー展開としては王道で、及第点位でしょうか。
ただ薄蛍と利劔様には大変萌えさせていただきました…!!もうあぁいうカップル大好き過ぎる。早く結婚しろ!!(おい)




・侵略!イカ娘
ストーリー 3
キャラクター性 5
画 5
演出 5
音楽 4
総合的な評価 5
合計 27点

ダークフォースその3(笑)
とにかくイカ娘が可愛すぎた!!特に伝説のミニイカ娘の可愛さと言ったら、ない!!!!!
ストーリーはあってないようなものだったのですが、とにかくキャラ立ちが良かったですね。音楽もOPが頭から離れなくなりそうでしたしww




・もっと To LOVEる
ストーリー 3
キャラクター性 4
画 4
演出 3
音楽 3
総合的な評価 3
合計 20点

原作でいう週刊飛翔の頃のラストを持ってきた感じでしょうか…。飛翔SQに移るってのとあってアニメ化したようなもの…なのかな?
ストーリーはこちらもあってないような物で、やはりキャラで見せていく感じでしたでしょうか。しかし地上波放送の規制がどうも…激しかったような。わからないではないのですが、規制の線引きも微妙でしたし…。お っ ぱ/い揉むのはアウトでパ/ン チ ラはOKとか…。そこらへんがちょっと残念かしら。まぁ規制部分なんでどうすることも出来ないのですけどね…(^^;)




・神のみぞ知るセカイ
ストーリー 3
キャラクター性 4
画 4
演出 3
音楽 4
総合的な評価 3
合計 21点

こちらは変則2クールの1クール目。前半戦ですね。とにかくエルシィたんが可愛かったなぁ…。原作ではターゲットの女の子を際立たせるために、エルシィたんをあまり可愛く描いていないそうなのですが、アニメは違うのね。
桂馬に関してはもう何も言うまい…。オタメガネって凄くいい表現だと思います(落とし神の方じゃなくてそっちかよ)
後音楽、OP、ED共よかったですね。でもその位かなぁ?毎回ターゲット落とすまでに若干時間がかかってた気がするし。2期ではもう少しスピーディな展開を期待したいかな。




・咎狗の血
ストーリー 1
キャラクター性 1
画 0
演出 1
音楽 1
総合的な評価 0
合計 4点

…。本当こんな点数出して申し訳なく思っております。でも正直ね、あれは酷いの一言しか出ないと思うのですよ。原作未プレイだった自分は若干期待していたのです今回のアニメ化に…。原作1/8禁でぇろぐ ろだけど、アニメでもう少しソフト表現されて、自分でも見れる物になるんじゃないかって…。でも原作未プレイの自分でさえこれで、原作ファンの方は一体どういう気持ちで咎狗見てたんだろう…と。
作画崩壊のレベルも他と比べると本当に酷い。最終回なんてバトルは声のみという酷さ。声優さんが頑張ってたからなんとか1の評価出した位です…。
ていうか監督、紺野さんなんですよね…。ダンス・イン・ザ・ヴァンパイアバンドの時から一体どうされてしまったの…。平成版サイボーグ009ではいい仕事されてたのに…○| ̄|_




・それでも町は廻っている
ストーリー 3
キャラクター性 4
画 4
演出 4
音楽 4
総合的な評価 3
合計 22点

歩鳥のキャラに時々ムショーにイラっときたことがありましたが、それも歩鳥のキャラと思えば御愛嬌でしたかね。個人的にはEDのメイズ達がなんともツボでした(笑)
OPも秀逸。というか途中まで真綾ちゃんが歌ってたんだって気がつかなかったという…。
演出も結構独特。ただジョセフィーヌは可愛かったけど、途中で出る一言二言のコメントは、作品の中で必要だったかは微妙でしたポコ(おい)




・FORTUNE ARTERIALーフォーチュン アテリアルー 赤い約束
ストーリー 2
キャラクター性 2
画 4
演出 2
音楽 3
総合的な評価 1
合計 14点

正直な話、何がしたかったの? が率直な感想です。ファンの方々申し訳ない。
見ていてヒロインの瑛里華が吸血鬼であった設定がまず…。なんで吸血鬼である必要があったのかがわからなくて…○| ̄|_
それに爽やか学園物路線を行きたいのか、血みどろだけど耽美系吸血鬼路線を行きたいのか…。正直どっちも中途半端でしたし。ストーリーもそこまでの物でもなかったし…。
唯一OPの絆色は良かったです。




・海月姫 ~くらげひめ~
ストーリー 3
キャラクター性 5
画 4
演出 4
音楽 4
総合的な評価 3
合計 23点

原作未読です。
アマーズに若干の親近感はあったものの、大体は引いてた記憶だな…。これはむしろ同族嫌悪なのか(おい)
キャラ性はやはりアマーズの面々が濃かったですね~。鯉淵兄の修さんもいい味出してましたし。ぷぷwww
でもノイタミナ作品にしては可もなく不可もなく…といった作品でしたでしょうか。普通に力抜いて楽しめる作品だったかなと思います。




・刀語
ストーリー 3
キャラクター性 3
画 4
演出 4
音楽 4
総合的な評価 3
合計 21点

2010年の1年を通して月1回の楽しみでした。結構面白かったです。ラストに向かうにつれ話も盛り上がっていたと思うし。個人的には7月の七実姉ちゃんの回が神だった…(´;ω;`)ブワッ
でもそれ以外はいたって普通だったかなぁ。特に何が良い、何が悪いとかあんまり思えない作品でしたかね。




・ぬらりひょんの孫
ストーリー 2
キャラクター性 3
画 3
演出 3
音楽 3
総合的な評価 3
合計 17点

最近ではめずらしく変則4クールでやるみたいですね、ぬら孫は…。でも前半となるこの2クールがこれかぁ…といった所が正直な感想。まぁ四国妖怪編がラストだから、仕方ないのかも~とか思ってしまします…。面白くなるのは多分羽衣狐編入ってからだし。
原作の四国妖怪編をだいぶアニメオリジナルに改変していましたが、良い所もあれば悪い所もあり…。一長一短でしたかね。でもアニメオリジナルにした分、妙に長く感じられたりもして…。やっぱりちょっと微妙かな。
2期が面白くなる羽衣狐編をやって終わりになると思いますので、とりあえず2期に期待しようかな。




ベストキャラクター賞 侵略!イカ娘:イカ娘
ベストOP賞 侵略!イカ娘:侵略ノススメ☆
ベストED賞 おとめ妖怪 ざくろ:二人静(薄蛍(花澤香菜)、芳野葛利劔(日野聡))
ベスト声優賞・男性:櫻井孝宏さん:それでも町は廻っている:磯端ウキ役 いや…個人的にまさか櫻井さんがおばあさんの役をやるなんて…と。しかも超うまかった。違和感全然なかった。マジ凄い。
ベスト声優賞・女性:堀江由衣さん:ぬらりひょんの孫:つらら役 つららたん超マジ可愛かったなと(おい)




ずいぶん長くなってしまいました(^^;)
ここまで読んで下さった方々、ありがとうございました&お疲れ様です。
しかし今回はとにかく咎狗の血がね…○| ̄|_ 個人的に最低点叩き出してしまいまして…。最低点なんて付けたくないけど、今回ばかりは仕方ない。だって…酷いの一言しか出てこないんだもの…。どうしてあんなことになってしまったのか、本当に謎です。
良い方ではイカ娘の一人勝ちだったかなwイカ娘可愛かったなぁとにかく。2期があるならぜひ放送してほしいでゲソ!!


スポンサーサイト

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

 |  21:53 |  評価企画  | TB(0)  | Top↑

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

プロフィール

FC2カウンター

最近のコメント

メールフォーム

ブログ内検索

カレンダー

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

TBありがとうございます

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。