--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.11.08 (Tue)

境界線上のホライゾン 第6話感想 

境界線上のホライゾン 『告白場の代弁手』

やべーやっぱり話わからな(ry
世界観理解してないせいですねすみませんorz
一応うぃきとか見てるんですけど…。頭悪くて\(^o^)/(おい)


とりあえずトーリ達はホライゾンを助けることにしたのはわかった。

つかトーリ側はある程度シンプルでわかりやすいね。トーリがホライゾンに告白する!!みんなが協力する!!みたいなものだもんね。そこにはトーリが乗り越えるトラウマとかもあるし。

あーでも臨時生徒会とか開いてどうするのかな…。そもそも一つの学園であるのに、政略的に自害させることが決まったホライゾンを助けるとか、臨時生徒会開いてなんとかなるものなのか…?


そしてトーリ達の周りで起こっていることがわからなすぎるんだよな。大人達の思惑がさっぱりプー\(^o^)/(おい)
結局何がしたいの君たち…みたいな…。これわかる日が来るんだろうか。

スポンサーサイト
 |  07:34 |  2011年放送作品  | TB(0)  | Top↑

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

プロフィール

FC2カウンター

最近のコメント

メールフォーム

ブログ内検索

カレンダー

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

TBありがとうございます

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。