--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2012.01.13 (Fri)

ギルティ クラウン 第12話感想 

ギルティ クラウン 『再誕:the lost christmas』

超展開過ぎてわけわからんwwwwwwwwww


てゆうかこれ、年内放送今回までやって終わらせてれば良かったのに…。2クールトップがこれとかキツいだろう。


以下感想。ネタバレ注意!!



【More…】


























































まぁ本当にとりあえずさっぱりなんですけどね。

とりあえず…

・集と涯(トリトン)は、実は昔からのお友達。集がロストクリスマスのショックからすっぱり涯を忘れてただけ。
・集にはマナというお姉ちゃんがいた。ただし血のつながりは不明。ついでに今の集のお母さん=ハルカはこの二人の新しいお母さんらしく、この姉弟の真の両親は不明。
・マナはアポカリプスウィルスの最初の感染者に→その恐怖?からキチガイに。弟であるはずの集と『結婚しよう』とかなる。しかしなぜ恐怖に耐えきれず?弟の集に迫ったのか不明。
・物語的には、マナは最初の感染者=イヴらしく、なんか重要っぽい。ただなんで重要かはわからん。
・いのりちゃんはそのマナと意志の疎通をするために作られた人形らしい。その割にラストでマナが涯と一緒にいなくなったのに意識保ってたり、普段から意思があるし。一個の生命としてあるみたい。どういう設定なの?ついでになんで人形のいのりちゃんにヴォイドがあるのか?
・なんか先週から急に出てきた『ダアトの墓守・ユウ』ってなに。キャラはあのまゆげが特徴の少年なのはわかるが現時点で詳細不明。ヴォイド使えるし、集が昔を思い出した時『新たな王のモードに入った』とか言ってたので、ヴォイドに詳しい感じか?
・なんか急に出て来たラスボスっぽいおっさんはこのユウにやられて退場。
・涯は前回から頑張りすぎとお約束展開である『俺ごと刺せ!』でマナと一緒に退場。なんかマナと通じ合ったように描かれてたけど、別にマナは一瞬だけ起きたら涯がいたってだけだったんじゃないかなぁ…と思ってる。


…なんか他にもわけわからんことがいっぱいなんですが、超展開過ぎて…。

感想というか事実整理になりましたがなんかもうさっぱりということをわかっていただければ結構です(おい)


スポンサーサイト
 |  08:15 |  2012年放送作品  | TB(0)  | Top↑

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

プロフィール

FC2カウンター

最近のコメント

メールフォーム

ブログ内検索

カレンダー

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

TBありがとうございます

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。